第2会場見取り図、出展者プロフィール

2.jpg第2会場(ハワイアンカフェ・サルブ)
・活版作品・阿波和紙展示販売
・似顔絵コーナー
・学生作品
・喫茶、休憩コーナー

gallery_layout_2.jpg


出展者プロフィール

logo.gifアワガミファクトリー
NAKASHIMA Shigeyuki
中島茂之


徳島県の和紙工房です。
アーティスト向けの美術紙、インクジェット・レザープリント・オフセット印刷に対応した和紙、
手染め和紙など、様々なニーズに合わせた和紙を作っております。
今回は活版・レタープレスにご利用頂ける厚手の和紙、
「竹和紙」と「白鳳」と、薄手の版画用和紙と持って出展致します。
活版印刷にぜひ和紙を使ってみてください。
http://www.awagami.or.jp/

logo1.gif活版工房



「活版工房」は活字の文化や活版印刷の魅力を
少しでも多くのみなさまに知っていただきたいという気持ちから
実際に活版印刷の工程を体験していただくワークショップ開催を目標に
2006年に立ち上げました。
今後もこれまでの経験を活かして活動を続けていきたいと思っておりますので
応援よろしくお願いいたします。
http://kappankoubou.com/

金子_bk.jpg金子徳次
KANEKO Tokuji
似顔絵描き屋さん


東洋美術学校B_銅版画部.jpg東洋美術学校 銅版画部



東洋美術学校・銅版画部では今回の展示に合わせ
「13 Numbers」というテーマで部員13人での連作を展示いたします。
絵画やデザイン、イラストなど異なる分野を学ぶ部員たちが、
1から13までの数字から連想されるイメージを銅版画で表現します。
どうぞよろしくお願いします。

_0012169どいちゃん_2.jpg土井高志
DOI Takashi
OmChanTone

img.jpeg青木翔吾
AOKI Shogo
グラフィックデザイナー

映像展示(撮影協力:株式会社 築地活字、株式会社 大伸)
歴史ある道具には歴史ある音がある。
歴史ある道具には歴史ある動きがある。
穫れたての素材を会場にお届けします・・・


音:土井高志
『様々な形態で、音や声を主体にした表現活動や
作品制作・コラージュ感覚のDJ等もこなす。MVR所属。
人間を極め、「『超人』に成る。」と本気で想っている、【表現者】
一部に熱狂的なファンが居る。
並行して、日本橋富沢町【OM CHAN TONE】の店長も務める。
同店でも定期的に様々なイベントも開催している。』

映像:青木翔吾
1984年徳島生まれ。京都精華大学卒。
2007年より某ジュエリーメーカーに勤務。商品撮影及び、印刷物など平面デザイン全般を担当。
大阪アメ村で壁画を描いたり、さいたまスーパーアリーナでVJを勤めたりと多角的に活動している。
今回のロゴマークなどコミュニケーションツールのデザインを担当。
イナカモンの→ チ・カ・ラ
http://www.shogoaoki.com
twitter: @saoki4

第2会場のサルブでは、
ハワイアン・ロコ・スイーツ「マラサダ」と、
ハワイアンドリンクの販売を行います。
小さいですが、喫茶・休憩スペースを設けておりますので、
ぜひ、お立ち寄りください。


サルブ広告.jpg